仕事でパソコンのモニターを1日中見つめていたり、家に帰ってもテレビゲームをしたり、テレビを見たりしています。また、携帯電話の小さな画面を見ながらメールのやり取りをしたりと、目は1日中休む暇がありません。目を長い時間酷使したときに、目がショボショボしたり、かすむようになったり、二重に見えたりすることがあります。これは典型的な疲れ目で、休憩や睡眠を充分取れば症状は改善します。しかし、充分休憩や睡眠をとっても目の疲れ、痛みが続くときは「眼精疲労」の可能性があります。放っておくとさらに症状が進行して、重度の眼精疲労になり慢性的に頭痛・肩こり・吐き気・全身の倦怠感などの症状に悩まされます。また、疲れ目ではなく、他の目の病気の可能性もあります。

眼精疲労の原因

眼精疲労

眼精疲労の主な原因

眼精疲労は眼科疾患以外にほとんどVDT作業、スマートフォン、携帯、テレビ、読書など目を酷使することによって起きたものだ考えられます。眼精疲労の原因は多種多様で、主な以下の五つに分類することができます。
①目の酷使による眼精疲労
VDT作業、スマートフォン、テレビなど長時間同じ距離を見続ける疲労。眼精疲労の中に最も多いタイプである。
②眼科疾患による眼精疲労
ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症など疾患から起こる眼精疲労。
③調節性による眼精疲労
遠視、老視、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下し、起こる眼精疲労。
④精神的なものによる眼精疲労 
慢性疲労、過労、睡眠不足、ストレスなどによる眼精疲労。

眼精疲労a

 

VDT症候群ってなに?

現代の生活は、人間が今まで体験したことないような、目に負担がかかるものであふれています。Visual Display Terminal(日本語に翻訳すると画像情報端末)による目の病気、VDT症候群が近年激増しています。VDTはおもにパソコンや携帯電話などの画面のことをいい。テレビは見るだけですが、VDTは画面を見ながら、メールを送ったり、文章を作成したりさまざまな作業がともないます。このような、VDTの作業による目の疲れをVDT症候群といいます。症状は、目の疲れや痛み・肩こり・肩や腕の痛み・全身の倦怠感・手のしびれなどです。また、イライラしたり、不安感があり抑うつ状態になったりします。

眼精疲労・VDT症候群を予防するために

眼精疲労・VDT症候群を予防するために、どのような点に気をつけてパソコンを使用すれば良いのでしょう。
パソコンをしているとき、前かがみで猫背になっていませんか。このような姿勢だと、前を見ようとして、あごが上がり、顔が前に突き出た格好になります。目に負担がかかるばかりでなく、肩こりや腰痛の原因にもなります。
下記の図を参考に、自分の作業環境を確認してみましょう。